返済期間を長引かせない!カードローンの利息を減らすには?

カードローンはいくら便利とはいえタダで借りられるわけではありません。
借りた金額と借り入れ日数に応じて所定の金利に従った利息を支払う必要があります。
借入額が大きいほど、そして完済までに日数がかかるほど利息は大きくなっていきます。

 

もっともお得に借りる方法は、借りたお金を全額翌月一括で返済するやり方です。
一括払いする場合は利息ゼロとなるタイプも多く、経済的に余裕があればおすすめの方法になります。

 

でも実際にはやはり毎月コツコツ返していく、という人が少なくありません。
カードローンの場合は残高スライドリボ払いという方法が用いられることが多いのですが、毎月返済を続けていても目に見えて元金が減らないという悩みも多く聞かれます。

 

リボ払いの最大のメリットは月々の返済額を一定額にすることで、日常生活への返済負担を抑えられるという点です。
毎月の返済額は少額から設定できるので、やりくりしながら返済に回すお金を容易に確保しやすいのです。

 

でも毎月少しずつしか返せないので、中々元金が減らないことになります。
場合によっては利息が大きく膨らみ返済期間が長引いて、返済総額が予想以上に大きくなってしまうことも考えられます。
下手をすると返済に行き詰って追加で借り入れをしたり、他社のキャッシングに手を出すことにもなりかねません。

 

こういった状況に陥らないためにも、事前によく返済計画を立てることが何よりも大切になってきます。
各社ホームページ上の返済シミュレーションを活用するなどして、借入金額は無理なく返済できる範囲に留めましょう。

 

また利息負担を軽減するのに有効なのがボーナス併用方式にしたり、繰り上げ返済を行う方法です。
繰り上げ返済はリボ払いの途中でも任意で行うことができます。

 

余裕がある月に少し返済額をプラスすることで元金が減り、完済にかかる時間を短縮することが可能になります。
リボ払いだけで返し続けた場合とくらべて、大幅に返済総額を減らせる可能性もあるのでおすすめです。